手むすび店ももたろうの里

おにぎりの桃太郎には、
お母さんが握ったみたいな
あったかいあったかい
「手むすび」の
おにぎりがあります。
ひとつひとつ大切に、
愛情込めてぎゅっ。
桃太郎がむすぶ、
お客さまとのご縁を
さぁどうぞ、召し上がれ。

手むすびの
いろは

※写真はイメージです

「ももたろうの里」
沖の島店
リニューアル。

「ももたろうの里」は、1996年に四日市市沖の島町で創業した「手むすび」専門店です。自店で製造するできたておむすびの提供を行う点が他店と大きく異なります。
20年余りの時を経て令和2年11月、同店をリニューアル致しました。創業当初の想いに立ち返って製法やコンセプトを見つめ直し、あえて手間暇かけた商品やサービスの提供に、我々の存在意義を見出しました。
生まれ変わった新しいももたろうの里を、ぜひお試し下さい。

※写真はイメージです

「ふっくらほどけて甘みのある」おにぎりを作る事が桃太郎の永遠のテーマ。
その理想に近づく為、専用の型枠でおにぎりを結ぶという、シンプルな原点回帰に舵を切ります。
個人差の大きい握り手の習熟度や感覚に頼らず、誰もが理想に限りなく近いおにぎりを作れるのです。型を使えば、余計な力が入らず、ご飯のほぐれ方が違います。
お客様にもスタッフにも、高い満足を得てもらいたいという想いにのっとった方針転換です。

「むすんでひらいて」
ふっくらほどけて
甘みのあるおにぎりを。

※写真はイメージです

お米・塩・海苔の
「三種の神器」に
こだわり具材が加勢。

「ももたろうの里」が自信を持って選んだお米は、三重県が定めた栽培基準と品質基準を満たしたブランド米『結びの神』。
火力の強いガス釜でアツアツに炊きあがったお米に、ミネラル豊富な『モクモクしお学舎』の塩を振り、シーズンごとに吟味を重ねて選定する海苔を巻きます。お米、塩、海苔…おにぎり屋にとって「三種の神器」が共演したのち、こだわりの具材が加勢し、ようやく美味しいおにぎりが出来上がります。

おみやげ
おむすび

おみやげに、おでかけに、
大切な人とのひと時に。

「ももたろうの里」では、冷めても美味しい「結びの神」を使ったおにぎりを一人でも多くのお客様に味わっていただきたいと思い、
美味しさだけでなく見た目でもご満足いただけるような特別なお持帰りセットをご用意しています。
その名も「おに退治セット」。おむすび2個と簡単な付け合わせを天然の竹皮と竹紐で包みます。
また、パック入りおむすびがちょうど10個収まる「特製10個箱」もおすすめです。

おに退治セット

セット価格:おむすび2個の値段プラス100円(税込)

お好きなおむすび2個+100円(税込)で、付け合わせ(枝豆、きゃらぶき、しそ漬梅干し又は沢庵漬)と共に、天然の竹皮と竹紐で包みます。じんわり温かい竹皮の包みは、思わず外に出かけて公園のベンチで食べたくなる、どこかほっこり嬉しい仕上がりです。

※当セットはおむすび2個のみが対象です(おむすび1個や3個でのセット受付不可)

特製10個箱

お箱代:200円(税込)

パック入りおむすびがちょうど10個収まる、見た目もスタイリッシュな紙箱です。取っ手付きの仕様は持ち運び時に便利で、追加でレジ袋を必要としないため、環境にもやさしい作りとなっています。

お店のこと

ももたろうの里沖の島店

四日市市沖の島町2-8-101
[電話] 059-356-2555
[営業時間] 8:00~15:00